インプラント

インプラントで失った歯を取り戻す

インプラントで失った歯を取り戻す

人は、虫歯や歯周病、ケガなどさまざまな理由で歯を失うことがあります。毎日の食事や会話に欠かせない歯を失うことのショックは、とても大きいでしょう。歯は、たとえ1本でも失うと歯並びや噛み合わせを乱す原因になります。放置せず、できるかぎり早い対処が必要です。

そこで鎌ヶ谷駅徒歩2分の歯医者「ひまわり歯科診療所」では、インプラント治療をご提案しています。インプラント治療は、失った歯が戻ってきたかのような噛み心地と見た目を取り戻せるすぐれた治療法です。当院では、日本歯科先端技術研究所の認定医である院長が治療にあたります。まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療とは、歯を失った箇所の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上部に人工歯を装着して歯の機能を取り戻す治療法です。インプラントと顎の骨がしっかりと結合することで、天然歯と変わらない噛み心地・見た目を回復できるなど多くのメリットがあります。

メリット デメリット
  • 自分の歯と変わらない感覚でしっかり噛める
  • 見た目が自然で美しい
  • 適切なメインテナンスで長期的な使用が可能
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 噛む力が顎の骨に伝わり、やせにくくする
  • 自費診療のため費用が高額になる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 定期的なメインテナンスが必要
  • 糖尿病や顎の骨の状態などによっては、治療が受けられない方もいる

当院のインプラント治療

インプラント認定医による治療 歯科用CT
インプラント認定医による治療 歯科用CT
当院院長は、日本歯科先端技術研究所の認定医です。豊富な地域と実績を元に、他院では難しいといわれたような症例にも対応します。お気軽にご相談ください。 インプラントは、一人ひとり異なる顎の骨の状態に合わせ、適切な位置・角度・深さで埋め込むことが必要です。事前に歯科用CTで後の骨の状態を細かく調べ、詳細な治療計画を立案しています。

インプラント治療後にはメインテナンスを

人工物であるインプラントは、虫歯になることはありません。しかしインプラントを支えている顎の骨や歯ぐきは元のままであり、ケアを怠ると歯周病菌に感染し「インプラント周囲炎」になってしまいます。インプラント周囲炎は歯周病と同じ症状を招き、悪化すると顎の骨や歯ぐきが溶かされて、インプラントが抜け落ちてしまうこともあるため、注意が必要です。

天然歯には顎の骨との間に歯根膜という組織があり、これがあることで歯周組織は栄養を得て、抵抗力を高めています。インプラントにはこの歯根膜がないため、感染しやすいのです。インプラント治療後には、歯科医院できちんとメインテナンスを受け、インプラント周囲炎を予防ましょう。